念願のバレエとのコラボが実現しました。       
しかも、一度はやってみたかった、世田谷パブリックスペース  
ガーデンがメインテーマ。巨大な木を出現させました。   
また、入り口ホワイエ、2階ホワイエにも木を出現させ、
1階から舞台へと、同一のイメージを制作。     
時間との戦いでしたが、皆さんのおかげで無事終了いたし  
ました。チャンスをくださった、キミホさん!感謝です。  

2002年10月 鉄仙会能楽研修所 クラシックス・アップデート制作  ”ミンナ”

能舞台に西洋古典現代劇? なんと難しいリクエストの内容
 でありましたが、能舞台にあい かつシンプルで神々の住むイメージ?
胃が痛む思いをしましたが、勉強になりました。
2003年4月 三百人劇場 劇団昴 ”花嫁付き添い人の秘密”
劇団昴の演出家 三輪えり花女史と美術、岡田志乃さんとの共同作業。よそものの私を優しく受け止めて下さった昴の方々に感謝致します。
 自分の作品をよりよく表現してくれる演出家との出会いは感激です。
コンサート大ホールという大空間に日本海を望んだ佐渡のイメージをというのがコンセプト!
天井が高いこの空間に何を? というのが下見に行った時の心の中でした。鉄と和紙を主にした作品で、海のような雲のような世界を表しました。
2003年7月 長岡リリックホール 墨詩の会制作 ”母の抄”
前回は能楽堂。今回は、教会!毎回このグループは難しい空間にチャレンジさせてくれます。王子のモニュメントをどう表現するかは難しくも楽しい作品でした。

2003年11月 青山ル・アンジュ教会 クラッシックアップデート制作 ”幸福な王子”

芝・メルパルク劇場(東京郵便貯金ホール)

2009年8月3日

バレエ 「ガーデン」 振り付〜キミホ・ハルバート 

一言メッセージ

どの空間でも対処できる自分のモチベーションを上げるのはなかなか勉強にもなるし、面白い世界です。
毎回どんな空間との出会いなのかはドキドキワクワクです。


Copyright(C) 2004-2010, Koen Yokoi. All rights reserved.

12日には特別出演として、花ライブをしました

劇団大樹 結成15周年記念
2010年11月10日〜14日
劇場・てあとるらぽう

作・み群杏子  演出・平野智子(テアトル・エコー) 制作総指揮・川野誠一(劇団大樹)

音楽・バンドネオン演奏・小川紀美代  花装飾・草月流・横井紅炎

古くなったお菓子の家、そして樹がはえてしまっている室内がコンセプト

あこがれの青山劇場・・しかし大きい!

バレエ「ガーデン オブ ビジョン」 振り付け キミホ・ハルバート

主催の川野氏の太極拳もよか〜  

樹の下で物語りは進み   
ノスタルジックな世界に    
入っていきます〜       
                
あ・・・           
猫が樹に登っています    
                 
今回は演出から、登れる  
ようにとの要望でした     

主人公がベンチに座り物語りがはじまりました   

真中に象徴となる不思議な樹を・・金魚鉢が樹にとりこまれているように制作・・   
地面には、ほんとの土と落ち葉が隅にはふきだまりのように作り、枯れた植木鉢など  
家から持ってきてレイアウトしてみました。                          
いや〜・・たのしかった〜                                   

上手には古い物置、その前にリアルに古いジョウロ・・   

下手にはツタがからまるアパート  

三回目の参加作品でした。    
今回は、時間の流れを感じ    
させない、不思議な空間。     
昭和のかおりがする、ふるい     
アパートメントの中庭の設定。    
出演者の方々もベテラン揃い    
気合いを入れて、舞台を制作   
いたしました。             
                     
いつも以上に妄想がふくらみ     
制作していても            
ふふふ〜とほほえみながら作り    
ました。                 
全ての方々に感謝いたします。    

劇団大樹 第10回本公演・小劇場てあとるらぽう協賛     

2回目となる音乃屋さんの語りの会に装飾してきました。
今回はギャラリーの一画を演劇空間に変えました。
アンティックなお店の雰囲気と、脚本の内容からシンプルな作品に・・・しかし5階まで階段の搬入は・・大変でした。   

原作・山本文緒(角川書店)
脚本・名古屋剛
演出・関根淳子
リュート・永田斉子

美術と面が一体に・・・ 

あっというまの1週間・・・お手伝いくださった皆様!ありがとうございました。

中野ザ・ポケット

サクラが重要なポイントのお話でしたが・・・
このシーンは、最後の5分・・・そのあいだ
サクラはどこに?   

2時間半以上は、このような流木のみの舞台  

主催〜風ノ環〜fu~ring       
原作〜上橋 菜穂子 (新潮文庫) 
演出〜森 さゆ里   (文学座)  
脚色〜桂木 琴子

「狐笛のかなた」 風ノ環〜第一回公演    

横浜開港記念プロジェクト・「羅生門」独騎の会   

クラシックバレエ「ジゼル」がメインの会でしたが、モダンで有名なキミホさんの「ガーデン」を
第一部で開演するため、一昨年の作品にあわせたオブジェをつくりました。
キャストもスタッフもプロの集団、劇場も広く、大変楽しく制作させていただきました。

横浜開港祭のいっかんで、横浜赤煉瓦倉庫ホールにて、1日かぎりの舞台装飾をしてきました。
転換時間が10分と短く・・出来うる限りでの装飾・・
「羅生門」を現代的に演出された作品、ホール自体の雰囲気と羅生門をイメージして、赤、黒
銀の竹を、ランダムに上からつるしました。
実は、この作品にはサプライズが・・・・どんちょうの無い舞台、転換中に竹を搬入している横井は
お客様の目の前で、そのまま板付きに・・実は作品中に出演するというハプニング・・
まあ、病気の女役ですので「ああああ〜」という台詞しかありませんでしたが・・

2009年9月11日 横浜赤煉瓦倉庫ホール    

松谷彼哉2nd CD発売記念コンサート&朗読劇

2009年5月23・24日  新宿文化センター

打ち上げ風景です〜
皆さんお手伝いありがとうございました〜

2008・07・25    音乃屋 物語りの庭vol1 「鬼子母神の愛」

私をふくめ、出演者は女性のみ・・・たまには良いね

東中野にあります・スペースRAFT におきまして。
一人芝居のお手伝いをしてまいりました。
語りの音乃屋さんと三味線のアリアさん。
作・岡本かのこ

演出からの希望は、鬼子母神社にある、イチョウ
の樹のような・・・乳のような・・・でも内容は、
鬼となった母が子を食べるが、釈迦にさとされ
改心という話なので・・ちょいドロドロに・・・・

木蓮をいれて仏教のイメージにしました。
白と赤の木蓮の対比がうつくしかった〜

2008.03.21~23  窓辺の花  ドラマワークショップ
           

主催・独騎の会  作・演出 金沢 眞

ドラマワーックショップというスタイルを作品にとりいれ、参加型の面白い作品でした。
場所も元学校を使い、学校内の物語りの演出でした。
今回は、美術というより「花」が出演者のような作品、フライヤーの写真がカッコイイ!

ハープ奏者の彩さんと・・ハープと良くマッチしていました

話の途中で出てくる花〜主人公の気持ちが
花のよってあらわされる演出でした。

2007.12.14~16  月とかたりとアンサンブル     
          微熱の箱 ジェリービーンズの指輪 カスタネットの月

主催・劇団大樹   脚本 み群杏子 演出 山口あきら 制作総指揮 川野誠一

語りと音楽の幻想的な舞台でした。月をイメージで作品にしてみました。
面白い舞台に参加させていただき主催の川野氏に感謝です。
照明も美しく、あらためて作品は照明命!と思う舞台となりました。

2007.11.30    GLOBAL IN ORBIT   DJと日本の伝統文化のコラボ

2007.09.23   松谷 彼哉プレゼンツ「ローズバルコニー」   FM東京ホール

2階ホワイエ

1階入り口ホワイエ

モダンバレエ、フラメンコ、ジャズベースの方々とコラボレーションをさせていただきました。各それぞれのかたがもてるものをぶつけ合うのはとても面白い試みでした。老木の桜、今回のイメージの主題でした。桜が散るとき一瞬薄墨色になるそうです。

2004年4月 神楽坂セッションハウス、「薄墨いろの光と影」モダンバレエとのコラボレーション

2004年6月 ザムザ阿佐ヶ谷にて「香炉峯」  主催 今申楽朧座

現代劇をやる方々が、能のようで能でなく、現代劇のようで現代劇でない、現代番猿楽を試みる舞台でした、能舞台をイメージしつつ小屋の雰囲気に合わせ、主題である卯の花(空木の花)が咲みだれ雪が降りそそぐような空間づくりにこころがけました。こうゆう舞台は照明の方との共同作業ですが、とても美しくみせて頂けました、心より感謝いたします。
2004年11月 アトリエ樹にて「ひとごろし」  主催 独騎の会


昨年の「藪の中」で舞台美術をさせていただいた独騎の会の2回目の作品、今回は舞台美術も衣装も
削いで削いで、お客様にイメージしていただく方向を強くしたものとなりました。
小屋事態が小さく天井が低いため、昨年と同様、広さと高さをどうみせるか?が最大の難問でした、兄妹
が会話する床の間であり、旅籠の一室であり、村から少しはなれた街道のイメージがでていたでしょうか?
2005年07月 キーカンパニーパフォーマンス パーティー

カナダ在住のColleen Lankiさん主催のパフォーマンス パーティーでした、
「にんじん」をコンセプトに各出演者が自分のにんじんを?表現した集まりでした。
よくマンガで馬の前につるされたにんじんが表現されますが、そんな感じかな?・・・
で、植物素材をつかったオブジェで私らしさの「にんじん」とは?
とりあえずクルクルしてみました。結構かわいかったかも!
2006.03.21  緑・花文化セミナーコンサート

ヤマハホールにて以前から挑戦してみたかった
クラシックの装飾をさせていただきました。
当日搬入時間が1時間・・・。前日下活けをして組み合わせたら出来上がり!?というように    
しておきましたが、ドキドキでした。さて本番、なんとか10分オーバーで終了いたしました。      
お客様にも上々な評判!(終了してからお客様みずから幕を開けて撮影していただいてました   
・・搬出が30分と短かったため、皆様に十分な撮影時間を差し上げられず申し訳ありませでした) 
また久々のステージ生花なので水あげとう気をつかう作品でした。 
2006.08.2~8   銀座博品館劇場     
2006.08.19    大阪シアタードラマシティ  

一昨年、劇団昴さんで上演した作品の再演 
です。役者さんのメインは元宝塚の方々という 
豪華な作品に、演出の三輪女史のおかげで  
呼んでいただきました。              
原作はオーストリアのエリザベス・コールマン女史 
結婚式前夜のコメディ。  ロックありソウルあり  
しっとりとした歌ありの最高の舞台でした。    

劇中にでてくる、ブーケやコサージも制作いたしました。
2006.10.06~29   劇団昴公演  「夏の夜の夢」 三百人劇場       
             シェイクスピア原作のおなじみ、夏夜の夢!        
             妖精パックの間違いで引き起こる、妖精と人間の     
             コメディ!舞台美術はシンプルに白をメインの柱のみ   
             宮廷の中になったり、森になったり、見ていてワクワク   
             した舞台でした。三百人劇場は2006年をもって     
             終了ということですが、よい機会をいただきました。     
             「花嫁・・」につづく、三輪女史からのお話でした、女史  
             には、足をむけて寝れましええん!
「花嫁付き添い人の秘密」  (株)宝塚クリエイティブアーツ
三輪女史とのツーショットです!
2006.10.15  独騎の会  「ひとごろし」
原作山本周五郎の作品の再演です。今回は会場が独特の   
神奈川県立神奈川近代文学館という空間。いかに大きく    
見せるかが課題でした。竹と割り竹をつかい制作いたしました。   
生演奏に鼓、琵琶、琴と贅沢な作品でした。            
演出の金澤氏は面白い空間を提供してくれる頼もしい友です。  
次回作にも期待します!  

東京文化会館にて、ハープ奏者の彩さんの
初コンサートの装飾をお手伝いさせていただきました。
老舗のコンサート会場・・
高い天井・・・
気をつかいました〜

彩さんが美しく見えるよう、そして青龍のように
天上に昇っていただきたいイメージと季節の
アジサイをおりこみコラボさせていただきました。

彩さんをはじめ関係者のみなさま、ありがとう
ございました。
また、手伝いにはいってくださった花隊の皆様
ありがとうございました。

ハープと二胡の奏でる美しい世界のお手伝いが
できまして、感謝でございます。

2008.05.26   彩 愛玲 ハープリサイタル 
           

2007.03.17~18   モダン バレエ 「GARDEN OF VISIONS」  振り付け、演出 キミホ・ハルバート
              世田谷パブリックスペース

武楽さんのリハ風景・・

本番は人が多くて良い写真
がなくって・・・

銀座にありますナイトスポット「砂漠の薔薇」に
おきまして、前から交流のあります武楽さん
とDJの方々とコラボをさせていただきました。 

なにも無い空間に、紅葉を中心にオブジェを
制作、来て頂いたお客さまに秋を演出させて
いただきました。         
赤と金、黒のイメージは、「銀座の薔薇」さん
にたいへんマッチしたようで、前からあるように
ピッタっとおちつきました。

都会の空間で紅葉狩り!
ちょっと贅沢な空間になったようです。

お店の方にも気にいられ、まだ飾ってあり
ますので、銀座におこしのさいは、ぜひ
お立ち寄りください。

場所はプランタン銀座の裏の道、少し東京
にもどった、左手6階になります。
1階には、ジェーン・バッカー氏のお花ショップ
があります。
料金は良心的、金土はパーティ!

昨年、劇団昴さんでご一緒させていただいた、松谷彼哉さん
のCDデビューにあわせて、発売ライブのお手伝いをさせていた
だきました。
当初ライブとうかがっていましたが、ホールは大きいし、稽古を
拝見しにいったら、ほとんどミュージカル?
これはセットをつくらなくては・・・・
題にもなった、ローズバルコニーを「ロミオ&ジュリエット」の
イメージでイタリアぽく制作。
彼哉さんの好きなピンクをメインにバラだらけ・・・・

本番はすてきな「ロミオ&ジュリエット」でした〜
ダイジェストではなく、普通に見たいお芝居でした。
ジュリエットはきれいだし、ロミオはかっこいいし、2人とも歌は
すてきだし、生のピアノにバイオリン!他の役者さんも芸達者

花制作中・・ロミオ役の石井一孝さんの生ピアノ&歌あわせ
を聞きながらは贅沢でした〜

3回目となるバレエ「ガーデン オブ ビジョン」 振り付けのキミホさんは、毎回ワクワクさせて下さる場所を
提示してくださります。今回は青山劇場の大舞台! すてきでした〜

2009 ダンス・ノエル in 青山劇場

かわいい、おばあちゃま役は、   
ベテラン女優さんの上月さん

今回はマリンバの演奏がはいりました。  

2009年12月09日〜13日   

脚本・み群 杏子   
演出・山口 あきら   
総指揮・川野 誠一  

森陰アパートメント                

音乃屋 音楽物語 VOL2 「恋愛中毒」

2009年11月27日〜29日
Gallery & Space MAREBITO

上はゲネの状態、本番は赤いアジサイ  
がより変化しました。

4年ぶりの 今申楽さんからのオファーの作品です。  
今回は再々演の「修禅寺」、また、舞台美術と   
いうより、お能の「作り物」的な装飾・・・
しかも、途中で裏表がチェンジするし・・  
作品自体が移動するし・・     
はじめての動く舞台作品でした。   
劇場のシアターXさんは面白い空間でした。
今いろんな劇団が好んで使用するのがわかります。

「修禅寺」 今申楽朧座主催・シアターX提携公演  

 2009年9月25日〜27日   東京両国シアターXカイ  作・演出 朧太夫 

あやかしの世界になると、照明が怪しい色に・・・良くあいました    

2009/09~13   

今回はじめて、風ノ環さんからオファーを  
いただき美術を担当させていただきました。 

原作はNHKでもアニメ化され、注目の作家
「上橋 菜穂子」さん。        
演出は、文学座の「森 さゆ里」さん   

はじめての劇団さんは、私の美術搬入に 
まず!驚かれる!   そりゃ〜そうだ・・ 
ゴロゴロ流木やら枝やら・・・・  
車にいっぱいいっぱい      
今回は、奈落を私の作品で隠さないと  
いけないので、車にてんこ盛りの状態・・・ 
ご協力いただいた皆さん・・ありがとうござい 
ました〜
  

「雪に咲く繻子の花」物語   

声優でも有名な、松谷彼哉さんの2nd CDのジャケット撮影のセット
と、コンサートの舞台美術をしてきました。
「雪のような白い花・・・」がリクエスト〜
スタジオ中が真っ白な世界になりました。
合成写真では出来ない世界が作れたかと思います。

出演は声楽・演劇の世界でご活躍の方々ばかり・・
コンサートは毎回満員、
入り口の花の多さにビックリでした。

昨年参加させていただきました、劇団大樹さんの
第9回本公演です。
今回は、池袋の劇場てあとるらぽう さんにて。
天井は低めですが、横長の間口・・

風景は昭和。
能舞台を意識してのレイアウト。
話の主役になる、柿の木。
秋のかおりが劇場全体に流れたようです。
(贅沢にも、生の落ち葉をひきつめました)

おかげさまで、劇の評論家のかたにも、好評
だったとか・・
よかったです〜

劇の空間も主役にしてもらい!
楽しかったです〜

2008/12/10〜14 劇団大樹 「ひめごと」 劇場・てあとるらぽう

入り口のお出迎え花です。

カヤさんはピンクの薔薇が
お好きなので、全体に
ピンクの薔薇をいれました。

ローズバルコニーでお世話になったカヤさんのトークショウ!   
カヤさんのイメージで、広めのステージに空間を制作してきました。
ファンの方々の評判も上々だったようです。
来年は第二弾のCDが発売されるようです。
今度はどんなイメージになるでしょうね〜楽しみです

2008・11・23  松谷 彼哉 DVD 発売記念トークショウ

ブーケ
冠婚葬祭

現代劇舞台

公共空間
現代劇舞台


profile

小劇場ですが、コンクリートの壁と高い天井でしたので面白い作品にしてみました。   
影を意識して天井につなげる作品、楽しかったです〜

劇団独騎の会 パフォーマンス ジャム

マダムグラッセの家